リョウシンJV錠の添付文書は重要?

 

リョウシンJV錠の添付文書

 

「添付文書」とは、薬の取扱説明書のようなものと考えてください。
リョウシンJV錠は医薬品ですから、しっかり正しい用法と服用上の注意を確認しておきましょう。

 

そうは言っても、リョウシンJV錠は非常に優しいビタミン剤で作られていますので、副作用はほとんどありません。
今回は、リョウシンJV錠の添付文書の内容などについて記載していきます。

 

>>様々な関節痛に効く医薬品を見てみる。
※管理人も利用しました。

 

リョウシンJV錠の添付文書に書かれている事

 

リョウシンJV錠は第三類医薬品です。
医薬品の中でも比較的副作用はない分類にあるので、ほとんどの場合は副作用の心配はありません。

 

ただし、持病があって医薬品を飲んでいたり、体調が悪い時に摂取すると、吐き気や頭痛、腹痛といった副作用のような症状が出る事があるのです。
基本的には、1日2錠から3錠の分量を必ず守るようにしてください。

 

1日に3錠以上飲んでしまうと、過剰摂取となります。
そして、吐き気や頭痛、ひどい時は、じんましん、呼吸困難といった副作用に似た症状が起きる事があるので気を付けましょう。

 

こうした注意点などは、リョウシンJV錠の添付文書にも記載されています。

 

リョウシンJV錠の添付文書1:成分

 

リョウシンJV錠には、6つの有効成分が配合されています。
リョウシンJV錠の成分の中で、特に痛み効く有効成分は、ピリドキシン塩酸塩、シアのコバラミン、ガンマ・オリザノールです。

 

リョウシンJV錠は文部科学省が規定する最大の配合量を最大値で配合されています。
そのため、しっかり腰や膝肩の痛みや神経痛に 働きかけてくれるでしょう。

 

リョウシンJV錠は、関節痛と神経痛だけではなく、日頃の肉体疲労や眼精疲労、また産後の体力回復などにも有効です。
成分に関しても、詳細は添付文書に記載されています。

 

リョウシンJV錠の添付文書2:効果・効能

 

リョウシンJV錠は、主に関節の炎症を和らげたり、神経痛を緩やかにしてくれる効果があります。
関節痛は肩こり、ギックリ腰、五十肩、腰痛、筋肉痛、 神経痛は大腿神経痛、眼窩神経痛、肋間神経痛、三叉神経痛に有効です。

 

特に関節痛や神経痛の症状がなくても、日頃の疲労回復、眼精疲労、肩こり、スポーツの後の疲労回復などにも役立ちます。
リョウシンJV錠では効かない症状もあるため、効果・効能に関しては、添付文書を読んでおくようにしましょう。

 

リョウシンJV錠の添付文書3:用法・容量に関連する注意

 

リョウシンJV錠は、基本的に11歳以上の成人が服用するものです。
子供が服用する場合は、保護者の保護の下服用するようにしてください。

 

リョウシンJV錠の正しい用量は、以下のようになっています。

 

15歳以上の方:1回に2〜3錠
11〜15歳の方:1回に1〜2錠

 

※11歳未満の方は服用が禁止されています。

 

リョウシンJV錠は、用量用法をしっかり守れば、副作用の症状は出ません。
過剰摂取した場合は、頭痛や吐き気腹痛といった症状が出る事があるので気を付けてください。

 

用法・容量に関する注意点についても添付文書に記載されています。

 

リョウシンJV錠の添付文書4:使用上の注意

 

リョウシンJV錠は、第三類医薬品に分類され、ほとんど副作用がない体に優しい医薬品です。
ほとんどビタミン剤で作られているため、体に強く働く成分は配合されていません。

 

リョウシンJV錠はガンマ-オリザノールやパントテン酸カルシウム、シアノコバラミンが医薬品に入れられるマックスの量で入っています。
他にもサプリメント医薬品を摂取している場合は、過剰摂取とならないように気を付けください。

 

そのため、医薬品やサプリメントの飲み合わせには十分気を付けて、過剰摂取とならないようにしましょう。

 

リョウシンJV錠の注意点・添付文書の用法を守ろう

 

リョウシンJV錠の注意点・添付文書の用法を守ろう

 

リョウシンJV錠は第三類医薬品のため、 ほとんどの場合副作用の心配はありません。
ただし、持病があって他の医薬品を飲んでいる方やサプリメントを多めに飲んでいる方は、有効成分の過剰摂取になってしまうリスクがあります。

 

持病がある方は、新しく医薬品やサプリメントを飲み始める時に担当の医師に相談するようにしてください。
添付文書に記載があるため、読んでおく事をオススメします。

 

リョウシンJV錠と添付文書のまとめ

 

リョウシンJV錠と添付文書のまとめ

 

リョウシンJV錠は、第三類医薬品のため、用量用法しっかり守っていれば副作用の心配はほとんどありません。
早く関節痛や神経痛の痛みを和らげたいために、1日に3錠以上飲んでしまうと、成分の過剰摂取となります。

 

そのため、吐き気や頭痛の副作用が出る可能性があるので避けましょう。
リョウシンJV錠の使用上での重要な事は添付文書にも記載があるため、使用前には出来るだけ見ておくようにしてください。

 

>>様々な関節痛に効く医薬品を見てみる。
※管理人も利用しました。